よくある質問Q&A

Q.リフォームしたいので見に来て欲しいんだけど…

A.現在、初対面者へのリフォームはやっておりません

折角ご興味お持ちいただいて恐縮なのですが、施工業務は縮小に付き、ご要望があれば信頼できる仲間をご紹介いたします。

ただ、今まで私どもで施工された事のある方、また私のコンサルやプランを経て「事情がよく分かるから頼みたい」とご要望があれば、施工まで私どもで一括してすることも可能です。※大工の空きをお待ちいただくことになります。

Q.コンサルとプランの違いが分かりません

A.図面や間取りを描いてお出しするのがプランです

お住い・暮らしのご要望や現況をお伺いして、アドバイスをするまでがコンサル(=コンサルティング)です。

図面や間取り、イメージスケッチなどの設計作業が入るのがプランです。

ただ、「プランの前にコンサル有りき」で進めますので、必ずコンサルをお受けいただくことがプランの条件となります。

Q.設計は他所でお願いしても良いですか?

A.ラフプラン、或いはワークシートや分析調査結果の持ち出しは大歓迎です

元々、私の提供する業務は「住まう人がプロに上手に伝えられる事」が目的です。

一回毎の精算制となっておりますので、こちらからその先の業務への営業を催促することは一切ありません。

家づくりプロフィールがハッキリした時点、或いはラフプランが出来た時点で、「私が住みたい家はこんな家です」と言える段階までなっている筈です。業者の都合や不本意なプランで契約を急かされないよう、是非とも私どもを事前にご利用下さい。

Q.家が散らかっててみっともない状態なので、片づけてからで良いですか?

A.日常の中へお邪魔するのはこちらなので、どうぞそのままの状態でご対応お願いします

100を超えるお宅を拝見しておりますので、慣れておりますし他言もいたしませんのでご安心下さい。

寧ろ、お持ちのモノの量や出し入れのしかたなどが分かって改善方法を見出だせますので、お片付けせずにそのまま見させていただければ幸いです。

Q.プランしてくれている工務店に不信感があるのですが…

A.設計図面やお見積書をお持ち下さい

着工前で確認申請や実施図面着手前であれば、設計変更が可能な場合が多いです。

まだお金を支払っていない場合は、正直に「他所でもプランしたい」旨を告げて、絶対にお金を払わないようにして下さい。一旦支払ってしまうと返金不可能となります。ただ、既に何かしらのお金が発生している場合は、今後の取扱をご自身でご確認下さい。

こちらでセカンドオピニオンとして、改めてコンサルティングやプランニング、またお見積書の精査は可能です。

Q.気になる物件を見つけました。契約はまだですがプランお願い出来ますか?

A.現況が分かれば勿論可能です

新築の場合は敷地の形状や建築の条件が分かるもの、戸建てやマンション購入・賃貸の場合は間取り図があれば大丈夫です。

Q.中古物件を見る時の注意点は何ですか?

A.昼と夜、晴れの日と雨の日で様子が全然違うのでご注意を

通勤・通学は毎日のことです。駅から実際に歩いてみたり、夜道の暗さや人通りも是非チェックしてみて下さい。あと晴れた日の日当たりや雨の日に冠水などが無いかも見ておくと良いでしょう。建物は戸建てなら雨漏りがあるかないかで、補修の領域が大きく変わって来ます。壁や窓際のカビは結露のある証拠。風通しや断熱性能が悪いのかもしれません。

ご計画のリフォームの程度にもよりますが、「どうせスケルトンリフォームだから」とタカをくくっても、例えば地盤沈下などは修復困難なので、地盤にも要注意です。詳しくはお問合せ下さい。

Q.実家が汚部屋でゴミ屋敷なのでどうにかしたいのですが…

A.住んでる方の意思次第となります

実は同様のご相談は近年増えております。人間、どうしても年を取ると体力気力ともに落ちますし、細かいところまで注意力が伴わなくなるもので、決して親御さんが悪いのではありません。ただ、お片付けとなるとご本人の「綺麗に住みたい」と言う意思がなければどうすることも出来ません。先ずはご本人がどうされたいのかのご確認をお願いいたします。

また、既にお亡くなりの場合のご相談も多いです。遺品整理の分野であれば仲間をご紹介いたしますので一度ご相談下さい。

Q.レジデンシャルオーガナイザーとは?

A.住空間と収納のプロです

近年、認知度が上がりつつある「ライフオーガナイザー」と言う空間お片付けのプロ。

お片付けの最終工程の「収納」を、造り付けで設計或いは造作まで担うのがレジデンシャルオーガナイザーです。元々、建築やインテリア業界で現場経験のある住空間のプロ集団。新築やリフォーム時に「使いやすい収納」を予め組む事が可能となります。