ここが設計事務所や工務店と違います

①設計・家探しのサービスを単品購入出来ます

家探し・新居・設計・新築リフォームを中立的立場の建築士に気軽に相談出来る
単品メニューだからどこまで頼むかも自由自在

住宅業者や設計士に一度相談すると

「このまま契約しないと悪いかな」と思いがちです。

おうち相談や1回毎の完全精算制

家づくり・家探しまでのサービスを単品購入出来るので、コンサルだけ受けるも良し。プランまで作るもよし。「とりあえずどんな間取りになるのかな」

お試しいただくには打って付けです。

また、他所でつくってもらった図面を持ち込み、ご自身やご家族の‘心地良い動線や間取り’を分析して、その結果を持ち帰って反映してもらうのも大歓迎です。

②業者へ上手にイメージを伝えられるようになります

不動産業者や工務店、設計担当者も気分良く
家づくりや家探しがサクサク進みます

プランニングの前には、どこの設計士や営業担当から「どんな家がご希望ですか?」と聞かれます。

 

上手く伝えられるでしょうか?

意図は汲み取ってもらえるでしょうか?

出来上がりとイメージと違う恐れはありませんか?

 

言葉だけでは伝わりづらい、つくり手とのイメージの共有。業者に自信を持って「私が住みたい家はこうです」と言えるように“イメージの見える化”出来るお手伝いをいたします。

③‘提案’ではなく‘引き出し’ます

設計前の徹底したヒアリング
こちらの固定概念よりも、住まう方の「なりたい暮らし」を尊重します

住まう人の価値観を尊重し、反映した暮らし方に照準を合わせるため、

1.設計前のヒアリングを重視

2.セオリーより個々の‘やりやすさ’を基準

3.「ラク」「心地良い」「好き」の感情尊重

この3本柱を主体にして、設計者のバイアス(価値観やセオリー)が掛からないプランの素を作成致します。


こんな後悔はして欲しくありません!

「事前に住まいのイメージをもっと入念に確認すればよかった」

「もっと主張すればよかった」

 一度、住宅メーカーや工務店などの戸を叩くと、設計から契約までの期間は短くて、じっくりと考慮する時間は持たせてもらえません。

 何故なら、契約を取る事で営業ノルマの達成だったり、契約金のお支払いをいただけたり、業者にとっては早く契約してもらった方が都合が良いからです。

 ただ、お施主さんは「そんな事は露知らず」なので、百戦錬磨の業者の事情や主張に押し切られがちなのが事実です。じっくり考慮したい住まい手と相反するこの問題。一体どうしたら良いのでしょうか?

 

 

 

 

 

プロを目の前に“自分たちに合った家”を堂々と主張出来るように、

プロに会う前にイメージを“見える化”してしまいましょう!

ご友人やご家族でお気軽に取り掛かかれます

24時間365日いつでもどうぞ